HOME ≫ 事務所ブログ

事務所ブログ

2024.6.18 マナー講習会

小原会計事務所 橋本です。

6月3日月曜日 リバーポートパーク美濃加茂ビジターハウス2F大ホールにて小原会計職員一同で「ビジネスマナー」を受講して参りました。

講師の先生方をご紹介します。

・一般社団法人少子化対策ネットワーク
代表理事 安藤 摩里氏 

・一般社団法人少子化対策ネットワーク
国家資格キャリアコンサルタント
キャリア・デベロップメント・アドバイザー
アサーティブコミュニケーター
話し方アドバイザー
小畑 陽子氏

ビジネスマナーという事で
①身だしなみ ②挨拶 ③敬語 ④来客・訪問の基本 ⑤名刺交換 ⑥電話対応
講義、職員同士で実際に対応の練習を交えながらの
あっという間の充実した2時間でした。

講義の内容を少しご紹介します。
①問・第一印象はどれだけの時間で認識されるのか?
 答・3~7秒
②問・身だしなみの3つのポイントとは?
 答・清潔感・機能性・控え目
③問・10分ほど待ってください。を敬語に直す。
 答・恐れ入ります。10分ほどお待ちいただけますでしょうか。

講習を通して改めて身だしなみやお客様対応について学ぶ事が出来ました。
小原会計では年に1度マナー講習を受講しておりこの経験を活かし、職員一同身を引きしめてお客様のお役に立てるよう努めて参ります。
何かございましたらお気軽にご相談下さい。

2024.5.20 ツバメの巣

小原会計事務所 森田です。

皆さま、最大10連休となったゴールデンウィークいかがお過ごしでしたでしょうか。
天気に恵まれ、お出かけするにはぴったりな日々になったのではないでしょうか。

さて、今回は弊所にツバメがやってきた報告になります。
玄関入り口の真上にツバメが巣を作り始めたため、新しく台を設置しました。

新事務所になって初めて巣を作ってくれました。
移転前の事務所には毎年巣を作り、職員一同で見守っていたものです。
懐かしさと春の訪れを感じておりました。

一説ではツバメの巣は幸運や希望の象徴とされているそうです。
来所くださる皆さまにはご迷惑おかけいたしますが、頭上にお気をつけてお越しくださいませ。

末筆ながら、間もなく定額減税が始まります。
ご質問ございましたら、お気軽に小原会計までご連絡ください。

2024.4.16 定額減税の仕組みについて

小原会計事務所 横山です。

令和6年6月から、所得税・住民税の定額減税が始まります。

一定要件のもと、1人当たり合計4万円(所得税3万円・住民税1万円)の減税を行うというものです。

 

【所得税】

・給与所得者

→令和6年6月1日以後最初の給与等の源泉徴収税から順次控除。

 

・事業所得者等

→令和6年分の所得税の第1期分予定納税額から順次控除。

 

【住民税】

・給与所得者(特別徴収)

 →令和6年6月分は特別徴収せず、「年間の住民税額から減税額を差し引き11か月で割った額」を令和6年7月から翌年5月まで毎月特別徴収。

 

 ・事業所得者等(普通徴収)

→令和6年分の住民税の第1期分納税額から順次控除。

 

 

減税対象者の所得税額及び住民税の所得割額から、本人分と、同一生計配偶者、扶養親族分の合計額が控除されますが、いくつか留意点もございます。

 

・定額減税における同一生計配偶者

 →合計所得金額が48万円(給与所得だけの場合は給与等の収入金額が103万円)以下の人で、非源泉控除対象同一生計配偶者も含む。

(減税対象者の合計所得金額が900万円を超える場合も対象に含まれる)

 

・定額減税における扶養親族

 →16歳未満の扶養親族も含む。

 

など、事前に確認することが重要です。


一定要件や注意事項について、詳しくはリーフレット、国税庁のHP等、添付の資料をご覧ください。

ご不明点は、小原会計にお気軽にご相談ください。


定額減税関係(源泉所得税関係)|国税庁 (nta.go.jp)

2024.3.25 ソニー生命様 生命保険紹介

小原会計事務所 川崎です。

 

 何か節税できる保険等はあるの? どこに相談すればいいの?

 と思われている、法人の社長様へ

 今回ご紹介させていただくのは、ソニー生命様の法人様向けの商品のご案内です。

 

法人生命保険の30万円特例について

 

法人の生命保険を利用した30万円特例は、

法人が役員・従業員のために生命保険を掛けている場合に適用される制度です。

一人あたりの生命保険の保険料が年間30万円以下の場合には、

法人の所得税からその金額が全額差し引かれます(全額損金)。

これにより、法人は役員・従業員に対して生命保険を提供する負担を軽くすることができます。

ただし、特例の適用を受けるためには一定の条件があります。

 

  • 定期保険または第三分野の生命保険のうち、解約返戻金の返戻率が51~70%以下である
  • 解約返戻金額がわずかな定期保険や第三分野の生命保険、もしくは保険料の払込期間が5年や10年など短期間である

 

 法人は30万円特例を利用することで、生命保険に関わる経費を削減することができます。

 

 その他 勇退後の生活資金や万一時のご家族のための退職金準備等の仕組みについても添付の資料をご覧ください。

2024.2.9 御嵩町商工会 インボイス・電子帳簿保存法セミナー を終えて

小原会計事務所 嵯峨 伸典 です!

 顧問先の皆様方には平素より大変お世話になっております 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

 新しい年を迎えて早1か月以上経ちました 能登震災で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます

去る1月19日(金)に御嵩町商工会にて「インボイス・電子帳簿保存法セミナー」を開催させていただきました
私の担当先のお客様を中心にご案内をさせていただきましたところ
商工会会員をはじめ30名ほどの方々にお集まりいただき 大盛況のうちに終えることができました
鳴り物入りのインボイス制度ですが 導入後に緩和制度も追加されておりややこしいという印象です
特に導入初年度ということで経理上とにかく余分な手間がかかりますが 付き合っていくしかありません

電子帳簿保存法についても法律上言い回しが非常にわかりにくく ちょっと構えてしまうような内容ですが
実際読み解いてみると「今後データで受け取ったものはデータで7年間保存しなさい」という単純な法律です
セミナーでもお伝えさせていただきましたが 今後世の中がどんどんDX(デジタルトランスフォーメーション)化されるに伴い
我々の業務である税務・会計についてもますます電子化されていくことは間違いありません
但し進化するということは必ず使う人間が便利になるはずですので どうかご心配なさらず
ご不明な点は総勢29名(内税理士5名)となりました小原会計に お気軽にご相談ください!

2024.1.16 新年あけましておめでとうございます

小原会計事務所 所長の小原です。

新年明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

この度の能登半島地震に際しまして、犠牲者の方に対して心から哀悼の意を表すとともに早く復興される事を祈念いたすところであります。

昨年はコロナ禍が終息し本格的に経済活動が再開しました。しかしながら歴史的な円安による物価高と人手不足による人件費高騰、インボイス制度の導入と変化の激しい年であったと思います。

今年も引き続き企業様におかれましては、原材料高騰と人手不足により利益を出すことが非常に難しい状況であることが予想されます。

その事を踏まえて私たち中小企業は、売上を上げつつ生産効率を上げ、付加価値を増加させる為に本気になって知恵を絞る必要があり、来るべく本格的な賃金上昇に今から準備する必要があると考えます。

その為には基本に立ち返り企業内部における通常業務に無駄が無いかもう一度チェックと改善を行い、改善をやり切ったうえで最終的に受注単価が適正であるか検討することが今まで以上に求められると思います。

これらの業務改善が進んでいるかを定期的にチェックし、更なる改善に繋げていくのに有用なツールが会計データであり月次の試算表であります。是非とも今年は今まで以上に会計データである試算表を活用して経営改善に取り組んでいただけると幸いであります。

その為に小原会計は全力で皆様をバックアップしていく所存でおります。

最後になりますが本年が皆様にとりまして幸多い年となることを祈念いたします。

2023.12.18 今年の漢字

皆様、こんにちは、副所長の小原です。

毎年この時期になると一年の世相を表す「今年の漢字」が発表されます。

2023年の「今年の漢字」は「税」でした。

今年の10月から消費税のインボイス制度が始まり、令和6年度の税制改正に向けて所得税や住民税の定額減税が検討されています。その他にも防衛費の財源確保のための増税やふるさと納税、新NISAなど、生活に直結する増税や減税の動向が注目された一年であったことが選ばれた理由だそうです。

個人的には、自分の職業としている「税」が注目を浴びた一年だったことを嬉しく思いました。

さて、税金の意味を広辞苑で調べると次のとおり書いてあります。

「国費・公費支弁のため、国家・ 地方公共団体の権力によって、国民から強制的に徴収する金銭など。」

「権力によって、強制的に徴収する」という表現にきつい印象を持ちますが、これが税の本質かと思います。

一方、国の税金は申告納税制度を採用しています。

この申告納税制度について国税庁のホームページでは次のように掲載されています。

「国の税金は、納税者の一人一人が、自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付する申告納税制度を採用しています。」

さらに、次のように掲載されています。

「この申告納税制度が適正に機能するためには、第一に納税者が高い納税意識を持ち、法律に定められた納税義務を自発的に、かつ適正に履行すること(法令遵守)が必要です。」

これを受けた我々税理士の役割ですが、税理士法第一条に「税理士の使命」として次のとおり規定しています。

「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」

「不易流行」という言葉がありますが、税理士の使命は世の中が変わっても変えてはいけないものであり、我々税理士の職業人としての本質かと思います。

この使命を果たすためには専門的な知識はもちろん高い倫理観が必要とされます。

私たちスタッフ一同、これからも研鑽に努めていきたいと改めて思いました。

「今年の漢字」の発表のおかげで初心に立ち返ることができました。

今年も皆様方にはたいへんお世話になり、誠にありがとうございました。

ブログも毎月一回の配信を心掛けていますので、今後もお付き合いのほどよろしくお願いします。

来年もよろしくお願いします。

2023.11.20 小原会計事務所の恒例行事

小原会計事務所 宇佐美です。


小原会計事務所では毎年11月の月例会後に事務所を背景に、職員全員で年賀状用の写真撮影を行います。

昨年は事務所移転後 初めての撮影でしたがあいにくの天候により事務所内で撮影しました。(新しい事務所内をお披露目でき、昨年は昨年で良かったのですが)

今年はすっきりとした晴天に恵まれたため、移転後初めて、事務所建物前で写真撮影することができました。

段々と職員が増えております。

新年の年賀状にてご覧いただけたらと思います。

今回は事務所の税理士5名の写真も撮りましたのでご紹介いたします。

※月例会とは 毎月、月初めの午前中に事務所職員全員参加で今月の注意や研修の報告などを行います。
 月初めの営業日は月例会中で電話に出られない為ご迷惑をお掛けしております。

2023.10.18 顧問先紹介/焼肉つづき

小原会計事務所 井亦です。

今回ご紹介させていただくのは、11月10日にオープンする 焼肉つづきさん をご紹介します。

焼肉つづきさんは、美濃加茂市山手町にある『焼肉一(やきにくはじめ)』さんの2号店になります。
店名の「つづき」の意味を社長にお聞きしたところ、皆様とご縁が長く「つづき」ます様にという事と、自分の目標へのチャレンジを今後も「つづけていく」という、「はじめ」からの「つづき」みたいな感じで名付けたとおっしゃっていました。

焼肉一さんは、厳選された和牛やお店手作りの創作スイーツなど豊富なメニューをリーズナブルな価格で提供しているお店です。
その2号店となる焼肉つづきさんは、焼肉一さん同様のメニューもあるとのことですが、特に希少な内臓部位をたくさん取り揃えたお店になるそうです。

11/10(金) オープンですが、11/7、11/8、11/9はプレオープンとのことで全品20%オフとなります。

これからの忘年会、新年会の季節にぴったりのお店です。美味しいお肉を是非ご賞味下さい。

 焼肉一 公式サイト   https://yakiniku-hajime.com/
        
   焼肉つづき インスタ  https://www.instagram.com/yakiniku_tuduki1110/

2023.9.25 顧問先紹介/肉の御嵩屋

小原会計事務所 松野です。


今回は 肉の御嵩屋さん をご紹介します。


昭和元年創業の肉の御嵩屋さんは、木曽川が優雅に流れる水の都、岐阜県加茂郡八百津町にお店がございます。


岐阜県産の飛騨牛、ボーノポーク、国産鶏肉、様々なお肉を購入する事が出来ます。


中でもこだわりの特製醤油、地元産の炭を使用した炭火焼豚は、ふるさと納税の御礼品にも選ばれ大人気です。濃厚なタレがしみ込んで、噛むほどにジューシー、当店の珠玉の一品です!


現在、この秘伝のたれに付け込んだスペアリブ、煮卵が大人気です!(店頭販売・数量限定) 週末限定お惣菜も!今晩のおかずに如何ですか?


肉の御嵩屋公式サイト https://mitakeya.com/


    https://www.instagram.com/p/CxKHH4_BU1E/

2023.8.18 ㈱未来財務サポート様 紹介

今回紹介させていただきます㈱未来財務サポートはオハラクリエイトマネジメントグループに属しており、代表取締役 酒向孝彰様 他4名のスタッフで業務をされています。

※業務内容

経理業務の代行、業務効率化支援

具体的には、主にクラウドソフトを利用した記帳代行、販売管理入力支援、勤怠管理支援、給与計算支援等、バックオフィス業務の効率化について総合的にご相談していただける会社です。

 

中小企業において経理部門は作業が属人的になりやすい傾向にあり、経理担当者の退職により業務が滞ったり、近年の人不足の影響で業務を引継ぐべき人材が採用できないという声を最近よく聞きます。

経理業務が滞ると財務状況が把握できない、資金繰りが見通せない等、企業経営に大きな問題が発生してしまいます。

最近のIT技術の進化は目覚ましいものがあります。当社ではIT技術をベースとするツールを積極的に活用し、経理業務の外注請負、効率的なバックオフィス業務設計のお手伝いをさせていただいております。


詳しくはこちら 経理代行サポート (gifu-keiri.com)

2023.7.21 iDeCo、NISAについて

来年更に充実した新NISAがスタートする事になり、現在多くの注目が集まっています。
今回は政府が推奨する制度、年金のiDeCo、投資のNISAについて説明いたします。

■iDeCoとは
自分で決めた額(掛金)を積み立てて運用し、60歳以降に受取る私的年金制度の一つです。
・掛金が年末調整や確定申告で所得控除できます ※掛金は、社保加入資格の状況によりそれぞれ上限があります
・運用時は非課税、受取時は税金がかかるが退職金又は年金扱いで有利な税率となります。
・死亡時は遺族へ、障害になった時も受取る方法があります。
・信託法で破綻しても保全される仕組みになっています。

■NISA
株式・投資信託の税制優遇制度です。
通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、発生した売買益や受取配当に対して約20%の税金がかかります。
ですが、NISA口座(非課税口座)であれば、購入した金融商品から得られる運用益が非課税になります。
一般NISAと積立NISAがあり、それぞれ期間や限度額が違います。※表を参照

少子高齢化社会となった昨今、老後公的年金だけに頼るわけにはいかなくなりました。
年金と併せて自らが資産を作る必要があるのです。

iDeCo つみたてNISA NISA
投資上限額(年間) 14万4000円〜81万6000円
(※職業、加入している年金制度により異なる)
40万円 120万円
税制上のメリット 積立時の掛金が全額所得控除
運用益が非課税
受取金額の一定額が非課税
運用益が非課税 運用益が非課税
運用期間 加入から、65歳まで(10年間延長可能) 20年 5年
途中換金 原則不可 いつでも可能(※非課税額枠の再利用は不可) いつでも可能(※非課税額枠の再利用は不可)
損益通算 不可 不可 不可
運用できる商品 定期預金・iDeCo用の投資信託・保険商品 長期投資に適した金融商品として金融庁への届出が受理された投資信託 株式・投資信託・ETF・REIT
資金の引き出し 60歳まで原則不可 いつでも可能 いつでも可能

引用 松井証券HP iDeCoとNISAの比較

2023.6.23 マナー講習について

小原会計事務所の職員一同で 『元局アナの印象が良くなる話し方講座』を受講してまいりました

今回は、楯 美耶子先生を講師にお招きしました。

良好なコミュニケーション術を身に付けるべく
聞く力・質問する力・話す力をポイントに
お仕事で培われた お話を交えご指導いただきました。

顧問先様に今以上に御信頼いただけるよう
この講座を活かし 職員一同バージョンアップし、
お役に立てるよう努めて参りますので お気軽にお声がけ下さい。

★経歴★
1981年、長野県上田市出身
2004年、青山学院大学文学部日本文学科卒業後、地元のSBC信越放送株式会社(TBS系列)に入社。
約12年にわたり、アナウンサーとしてテレビ・ラジオの放送業務などに携わる。
2015年末、結婚を機に退社し、現在はフリーアナウンサーとして活動中。
趣味はピアノ、バスケットボール、美味しいものを食べること。
3歳男の子の子育て中。岐阜市在住。

★主に担当してきたお仕事★
・ニュースキャスター
・情報番組MC・リポーター(生中継、グルメリポート、旅リポートなど)
・ラジオ生ワイド番組パーソナリティ
・スカパーサッカー中継ピッチリポーター
・ナレーション、CM
・各種イベント、式典の司会

★ 楯様に講座受講を御依頼希望の会社様等ございましたら、小原会計事務所までご連絡くださいませ。

2023.6.2 令和5年度最新 助成金・補助金しっかり活用セミナー

中小企業経営者の皆様必見!

令和5年度最新 助成金・補助金しっかり活用セミナー開催のお知らせです。

4月に解禁する新年度助成金情報をどこよりも早くお伝えします!

参加費無料です。


【特にこのような悩みを持つ経営者におすすめです!!】

●自社で使える助成金・補助金があれば活用したい。
●コロナ渦で今後の資金・財務体制に不安がある。
●助成金・補助金を活用してみたいが、自社でどれが活用できるかわからない。

開催日程】

・2023年6月20日(木)10-11時 @zoom

・2023年6月27日(木)17-18時 @zoom

詳しくはこちらをクリックしてください。

2023.5.22 ライフコネクト 松田美江子様

今回ご紹介させていただくのは、ライフコネクト 松田美江子様です。

経営コンサルタントの松田さまは、認定支援機関として、中小企業様のバックオフィス業務や各種助成金・補助金申請の代行もされております。小原会計事務所の税務及び会計以外のお金に関する相談を承ります。

 ★経歴★ 
 金融業界にて融資保証、証書貸付の経験を10年 ☆保険外交員として社員1万人の内、営業実績50位以内保持にて6年 ☆女性営業として珍しい 損害保険メインの保険代理店として独立して5年現在継続中 ☆現在は認定支援機関として、経営コンサルタントとして中小企業さまのバックオフィス 業務や各種助成金・補助金申請も活動している 
 ★資格★
 CFP・AFPはじめ金融関連20、毒物劇物取扱責任者などの珍資格含め42資格保有

詳しくはこちら

2023.4.20 森塾 会計プロフェッショナルコースのご紹介です

森塾森均(もりひとし)先生と小原所長は個人的な出会いをきっかけに、教育の神髄に迫る森先生の人間教育に感銘を受け、長年お付き合いをさせて頂いている先生です。
また、小原会計事務所に何名かの卒業生が入所し、日々邁進し活躍しています。
ご家族やお知り合いの方で会計公認士・税理士を目指して見える方がみえましたら、ご紹介いたしますのでお声かけください。

森均氏(中部学院大学特任教授)の紹介・実績
 「誰でもやればできる・何でもできる」をモットーとする人間教育を揚げてみえます。
岐阜県益田高校(現:益田清流高校)教職員にて、全国簿記大会35回優勝、税理士試験11年連続全国最年少の合格達成など、数々の偉業を成し遂げてみえます。
2006(平成18)年より中部学院大学教授。全国最年少となる16歳での公認会計士試験合格・19歳での税理士合格者などを輩出してみえます。
 
 
森塾 会計プロフェッショナルコースのご紹介です。

1.概要
  2006年(平成18年)中部学院大学経営学部創設に伴い、簿記教育の第一人者である元益田高校経理課教員の森均先生を招聘し、
 シティカレッジ各務原 会計プロフェッショナルコースを開設されました。
  2023年(令和5年)4月より下記住所に教室を移転し、「森塾 会計プロフェッショナルコース」として新たにスタートされました。

2.教育理念
  税理士、会計士として専門知識をそなえ、経済界、会計業界で活躍できる人間豊かな有能な人材を育成してみえます。
  (1)税理士・公認会計士等の難関国家資格を取得を目指してみえます。
  (2)社会人、職業人として活躍できる人間力を育成してみえます。

3.特徴
  (1)毎朝の”やる気講座”(朝礼)で、生活リズムを作り学習意欲を喚起し、「読む力・聴く力・話す力・書く力」を養えます。
  (2)同じ目標に向かって切磋琢磨する仲間とともに学ぶことで短期間での目標の達成が可能となります。
  (3)教育理念に賛同いただいた税理士法人、会計事務所からの奨学金支援が受けられ、経済的負担の軽減となります。

4.現在籍者
   15名

5.指導者
  代表者  森  均(塾長) 
  他スタッフ 4名

6.連絡先
  〒504-0907
  岐阜県各務原市那加住吉1丁目27 オフィスY&Yビル 3階
   森塾 会計プロフェッショナルコース



  
 ゴールデンウィーク休暇のお知らせ★

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

弊社では誠に勝手ながら、
下記の期間を休業日とさせていただきます。


休業期間中に頂戴したお問い合わせにつきましては、
5月8日(月)から順次対応させたいただく予定でございます。
何卒ご了承い頂きますようよろしくお願い申し上げます。

【ゴールデンウィーク休業日のお知らせ】

2023年5月3日(水)~2023年5月7日(日)

期間中は皆様にご不便をおかけいたしますが、
何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2023.3.29 オンラインセミナー開催について

オンラインセミナー開催!2023年10月までの対応事項を60分で解説

2023年10月に施行されるインボイス制度、2024年1月までに対応しなければ罰則の可能性もある改正電子帳簿保存法。

今回のセミナーでは改正電子帳簿保存法・インボイス制度について、制度概要から対応方法まで60分間で、専門家がわかりやすく解説いたします!

 

インボイス制度の対応ができていないと、損をする可能性がありますので、残り短い期間でしっかりと対応していく必要があります。

まずはセミナーにご参加いただき、インボイス制度・電子帳簿保存法とは何か、今後どう対応していくべきなのかご一緒に検討できる機会とできればと思います。

 

経理は会社の成長の上で欠かせない業務ではありますが、売り上げを直接的にあげるものではありません。

だからこそ社長には本業に集中し、会社を成長させることだけに注力いただきたいのです。

 

社長様を経理のお悩みから解放したい、という思いからこのセミナーの開催に至りました。

ぜひ、経理に関して少しでもお悩みがある方はご参加ください。

 

【特にこのような経営者におすすめです!!】

 そもそも電子帳簿保存法・インボイス制度が何か分からない

 自社にとって罰則・損がないよう最低限のことだけは対応しておきたい

 制度改正に対応するために具体的に何から始めればいいか知りたい

 

このセミナーに参加したらたった60分で・・・

 電子帳簿保存法・インボイス制度の基本がわかる!

 対応に向けて最低限対応すべきことがわかる!

 補助金を活用してお得に対応する方法がわかる! 

 

ようになります!

 

【本セミナーで学べるポイント!!】

デジタル化に関する社会の動向と電子帳簿保存法・インボイス制度の概要

・デジタル化に関する社会の動向

・電子帳簿保存法・インボイス制度の概要

・電子帳簿保存法・インボイス制度対応の具体的な取り組み

・IT導入補助金を活用したお得な対応方法

講師:株式会社未来財務サポート・小原会計事務所

 

【マネーフォワード クラウドのご紹介】

~電子帳簿保存法対応・インボイス制度のクラウドツールのご紹介~

・マネーフォワード クラウドを利用した対応方法

講師:マネーフォワードビジネスカンパニー 事業推進本部 カスタマーサクセス横断戦略部 吉田 圭佑 氏

 

【参加特典あり!!】

電子帳簿保存法・インボイス制度に対応するために何をすればいいか、貴社のご状況をお伺いしながら個別でご相談をお受けいたします。

(申込特典①)当日の講演テキストのプレゼント!

(申込特典②)先着5名!専門家による個別無料相談

 

【開催日程】

・2023年4月20日(木)10-11時 @zoom

・2023年4月27日(木)17-18時 @zoom

※1.各時間帯同プログラムとなりますので、ご都合の良い日程へご参加下さい。

※2.オンライン開催はリアル開催の収録動画となります。

※3.オンライン開催の場合は、PC・ipad・スマートフォンでご覧頂けます。

 

定員

・オンライン 各回40名

 

費用:無料

 

お申し込みは先着順!是非、この機会にご参加ください!

       https://gifu-keiri.com/news/news-8096/

 

本セミナーは申し込み先着順・無料の定員制セミナーとなっております。

特にリアル開催はお申込数に限りがあるため、お早めに申し込み下さい!

 

オンライン開催の場合はご自宅からお気軽にご受講いただけます!

皆様からのお申込みをお待ちしております。

2023.3.20 新施設がオープンしました

岐阜健康管理センター様の新施設が3月1日にオープンしました。

それに先立ち昨年11月22日には健康診断特化施設として大垣健診プラザもオープンいたしました。

明るい家庭は健康から 守り続けますあなたの健康 をスローガンに日夜地域医療に貢献されています。

2月9日には内覧会も開催され、弊所からは所長、副所長が出席させていただきました。

各フロアを案内していただき、このような明るくて気持ちのいい施設ならリラックスして健康診断を受けることができると感動しておりました。

健康診断をお考えのみなさまにおかれましてはご検討の選択肢に入れていただければ幸いです。

詳細は岐阜健康管理センター様のHPをご参照お願いいたします。


岐阜健康管理センターHP

岐阜健康管理センターInstagram

2023.2.9 顧問先花勝様紹介

各務原市にある花勝様にお邪魔しました。


三月は卒業、卒園シーズンです。

卒業祝い、卒園祝いには花を贈って新しい門出をお祝いするのはいかかでしょうか。

生花の他にハーバリウムや造花なども取り扱っております。

また独自の取り組みとして、
・お花を使ったワークショップの開催
・生花以外のフラワーギフト作製(ブリザードフラワーやソープフラワーなど)
・フラワーアレンジメント教室の開催

なども行っており、とても親しみやすいお花屋さんです。

2023.1.23 新年のご挨拶

令和5年の新春を迎え謹んでお慶びを申し上げます。


昨年はコロナ感染拡大に加え、2月にはロシアによるウクライナ侵略が始まりその結果、原油・物価高、円安の進行と日本経済を支える中小企業にとって極めて厳しい1年でした。

いよいよ本年10月に消費税のインボイス制度が開始します。

この制度につきましては全力で対応していきたいと思います。

特に小規模事業者については選択により有利不利が発生する為に慎重に対応する必要があり、インボイスの申請期限が9月末まで延長されたとは言えスピーディーに対応していく所存であります。

その次にやってくるのが電子帳簿保存法に対する対応であります。

これをきっかけに中小企業の事務作業の効率化が進むことが期待されています。

ITツールを利用した経営コンサルティングサービスをお客様に提供する事業を小原会計事務所として開始する予定であります。

詳しくはこちらへ

本年も皆様のますますのご活躍を心よりご祈念申し上げます。

                                                小原会計事務所

                                                 所長 小原泰史
                                                    職員一同

2022.12.21 本年の振り返り

皆様、こんにちは、副所長の小原です。

今年も残すところあとわずかになりました。

私たちの今年の大きな出来事は、7月に新たな事務所へ移転したことです。

これもひとえに私たちの事務所の母体となった先代、先々代の両先生と、日頃からご愛顧いただいているお客様のおかげかと思います。

また、移転に際しては過分なるお心遣いや、暖かいお祝いのお言葉をいただきました。

改めて、感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

さて、私が申上げるまでもありませんが、今年は世の中で大きな出来事があった年でした。

コロナ禍から回復途中にあるなか、ウクライナ危機に起因するエネルギー価格の高騰、歴史的な円安、供給網の混乱による需給の不均衡など特に中小企業にとっては厳しい経営環境であったかと思います。

また、私たち税務の分野では消費税のインボイス制度や電子帳簿保存法の改正の対応に追われた年でした。

こういった環境の変化に対して、私自身、心を乱されてついつい焦ってしまいますが、論語に次のような言葉があります。

「君子は坦として蕩蕩たり 小人は長なえに戚戚たり」(くんしはたんとしてとうとうたり しょうじんはとこしなえにせきせきたり)

立派な人は心がおだやかでのびのびとしている 小人はいつもせこせこしている、という意味です。

なぜ君子の心がおだやかというと、天命を知っていて心が定まっているからです。

私たちの天命である経営理念は「中小企業のパートナー」です。

この経営理念を大事にして、「坦として蕩蕩」としてお客様をサポートしていきたいと思います。

今年最後のブログになります。日頃からブログをお読みいただきありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

2022.11.16 年末調整の時期となりました

日ごとに秋が深まり、本年も年末調整を行う時期となりました。

年末調整とは、会社が各人ごとに1年間にわたって給与から源泉徴収してきた税額を、年末において正当な年税額に一致させるための精算手続きです。

 

年末調整は次のようなスケジュールで行います。

    各種申告書の配布及び受理

    年末調整の計算と精算

    過納額の還付と不足額の徴収と納付

    源泉徴収票等の作成と提出

 

今年は、国税庁の年末調整等説明会は開催されないこととなり、例年、源泉徴収義務者の方向けに送付されていた「年末調整のしかた」、「給与所得の源泉徴収票等の法定調書の作成と提出の手引」及び「源泉徴収税額表」のパンフレット等に代えてリーフレットが送付されています。

年末調整時に必要な各種申告書や手引きなど、年末調整に関する各種情報は以下の国税庁ホームページの「年末調整がよくわかるページ」に掲載されていますので、ご確認ください。


https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

 

スムーズな会社の年末調整作業にご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

2022.10.24 『SDGs宣言』を策定いたしました

平素より当事務所メールマガジン、ホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。

当事務所は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、 積極的な取組みを通じて持続可能な社会の実現に貢献していく事を2022年10月1日に宣言いたしました。小原会計事務所のSDGsへの貢献についてアップいたしました。

小原会計事務所は、経営理念である『中小企業の良きパートナー』を実現し、未来につながる元気な社会を創造いたします。

今後共、宜しくお願い申し上げます。

2022.9.26 第35回岐阜県中小企業経営フォーラム

皆様こんにちは、副所長の小原です。

今回は中小企業家同友会の行事を案内させていただきます。

119日に岐阜県中小企業経営フォーラムが開催されます。

一部オンライン併用設営ですが3年ぶりのリアルでの開催になります。

今回のテーマはズバリ「付加価値」です。

付加価値を切り口に、「会社につける付加価値」、「社員につける付加価値」、「サービス・商品につける付加価値」、「地域につける付加価値」の4つの分科会が設営されます。

昨今の急激な円安や物価高、人件費の高騰等は企業に与える影響が大きく、自社の付加価値を高めることは緊急かつ重要なテーマだと思います。

必ず自社の経営に活かせる学びや気づきを得ることができる行事ですので奮ってご参加ください。

参加をご希望の方は事務所までご連絡ください。

2022.8.18 教育研究会事務職員部会の研修会

皆様、こんにちは、副所長の小原です。

先日、美濃加茂市教育研究会事務職員部会の研修会の講師を務めさせていただきました。

同部会は小中学校の事務職員さんの部会で、以前に年末調整説明会の講師を務めさせていただいたご縁でご依頼がありました。

事務職員さんは職場で教職員の皆様からいろいろなご相談を受けるので、見識を深める目的で定期的に研修会を開催しています。

今回は、「会計処理と税金」をテーマに事前に参加者の皆様からご質問をいただいて、それにお答えする形でお話をさせていただきました。

参加者の皆様は税に関する専門的な知識をお持ちなので、いただいたご質問のレベルも高く、またメモを取りながら熱心に聞く姿勢に刺激され、一生懸命、ご質問にお答えさせていただきました。

ご質問の内容は、医療費控除やふるさと納税、NISAiDeCo、贈与税・相続税など身近な税金に関するものが多く、皆様が税金についてどんなことに興味をお持ちか気づきの機会をいただきました。

 

そこでご紹介したお話をひとつ。

ふるさと納税のメリットは一般的には返礼品をいただけることですが、この返礼品の送り先を指定することができます。私はこの時期にスイカを妻の実家にお中元の代わりに送っています。このスイカは味も良くサイズも大きいので妻のご両親に大変喜ばれています。ふるさと納税にはこのようなメリットもあります。

 

いただいたご感想を紹介させていただきます。

 

iDeCoやふるさと納税については、職員から質問があった時により詳しい話ができるようになりました。税理士さんもなさっているということをお聞きし、安心材料の一つになりました。

 

直接仕事に係りはないかと思いますが、iDeCoNISA,ふるさと納税などとても興味深かったです。それぞれの説明に加えて税対策につながる点の説明などをお聞きしてやってみたくなりました。

 

知らないと得をしない、ということがよくわかりました。

 

iDeCoNISA,ふるさと納税は税メリットのある制度なのでご活用ください。

さて、小原会計事務所では身近な税金の相談も対応しております。

身近な税金の疑問や相続税・贈与税でお困りごとがありましたら、是非ご相談ください。

2022.7.25 事務所移転

719日に新事務所が完成し移転いたしました。


これもクライアント様をはじめ関係者皆様のご支援のおかげだと職員一同感謝しています。


新たな事務所での再スタートになります。


気を引き締めて皆様のパートナーである原点を忘れず専心努力いたしますので、今後ともご指導よろしくお願いします。

2022.6.15 毎年恒例のマナー研修会

今年の講師の先生は、新幹線移動などで突発性難聴を発症されたほどご多忙なクオリアグローバルマネジメント株式会社の廣田智子先生をお招きし、「接遇マナーブラッシュアップ」について学びました。


ブラッシュアップとは・・・今あるものに対して磨きをかける、さらに良くする。というニュアンスで使われる言葉だそうです。


今回の研修では顧客満足度を高めるための接客接遇について心理学的視点から教えて頂き、アップセットとセットアップなど初めて聞くような用語もありました。


アップセットとは、人はわからないことへの不安感にとらわれて、適切な判断や行動など冷静に対応することができない状態(予想外の出来事が起きるとアップセットの心理状況になる)

セットアップはその反対で受け入れる心理状態を作る、話しやすい環境を作る、などを指します。


自分自身がアップセットな心の状態では何もできないので、自分自身の心のセットアップがとても重要です。

心のセットアップをするには、自分自身をご機嫌にさせればいいそうです。

言葉で聞くと難しく感じますが、実はとっても簡単な方法がありました。


その方法とは、「口角を上げる」たったこれだけでした。

「口角をあげる」とは、楽しい時や嬉しい時、面白い時に笑うことではありません。

辛い時、しんどい時に、「口角をあげる」のです。心は泣いていても、口角だけをあげるのです。

すると、どれだけ辛かったり、しんどかったりしても、「口角をあげる」事で脳が勘違いし、「楽しい!」「嬉しい!」「幸せ~!」と勘違いして「幸せ物質を分泌」するようです。

「幸せ物質」とは、セロトニンなどの分泌物です。

身体はその物質によって反応するので、身体はリラックスし癒され、ご機嫌になります。例え、心が辛くてもです!

毎日、口角を上げて、自分自身の心のセットアップを心掛けたいですね。


皆様も気づいた時は口角を上げ、心のセットアップをしてみてはいかがでしょうか?


2022.5.11 丸坂山田観光農園様

皆様、こんにちは、副所長の小原です。

今年のGWはいかがお過ごしでしたか?天候に恵まれ3年ぶりの規制なしのGWだったため観光地は多くの人で賑わったようですね。

さて、私は丸坂山田観光農園様のバーベキュー場がプレオープンしたので家族とバーベキューを楽しんできました。

高台に位置しており眺めの良いロケーションで、自慢のグリルで美味しいお肉をいただきました。

落ち着きのあるカフェと精肉店も併設されています。

そして、山羊さんと遊ぶこともできます。

山羊さんと相撲をとることもできます。(山羊さんと遊ぶ時は係員の指示に従って安全には注意してください。)

美濃加茂市山之上町の新名所 これからの季節にピッタリですので、ぜひご家族でお出かけください。

2022.4.21 消費税・インボイス制度について

インボイス制度が、令和510月からスタートします。

 

この制度を受けるには、令和5年331日までにインボイス制度を行う事業者が税務署に申請、登録し、自社が発行する請求書等の書式を変更する必要がございます。

ただしこの制度、事業者の規模、事業内容ごとに、この制度の登録が必要か否かに別れるんですね。

 

まずは消費税の仕組みをご説明します。

 

売上に含まれる消費税 - 仕入や経費に含まれる消費税 = 納付する消費税

 

この納付する消費税を、決算または確定申告で計算し納めることになります。

 

もともと、この仕入や経費に含まれる消費税を認めてもらうには、請求書の保存が必要なのですが、この請求書が、令和510月より適格請求書(いわゆるインボイス)といわれる書式に変わります。

令和510月からは、インボイスに記載された消費税のみが仕入や経費に含まれる消費税として認めてもらえるようになるんですね。


インボイスとは・・・

売手が買手に対し、正確な税率や消費税額を伝える手段であり、

登録番号や消費税額などの一定の事項が記載された請求書のことです。

 

インボイス以外の請求書等は、仕入や経費に含まれる消費税を認めてもらえないの?

 

そうなんです、令和510月からは認めてもらえなくなります。

インボイス以外の請求書等では、買い手は仕入や経費に含まれる消費税が認めてもらえないことになります。(経過措置あり)

ですから、自社がインボイス制度に登録するか否かは大事な選択になるんですね。

 

おさらい

・令和510月よりインボイス制度スタート、登録には税務署への申請が必要。

・インボイスとは、登録番号や消費税額などの一定の事項が記載された請求書等

・令和510月からはインボイス以外の請求書等は、仕入や経費に含まれる消費税を認めてもらえない

 

私共も、この制度開始に向けて事業者様ごとに検討をしております。ご不明な点は、いつでもお問い合わせください。


2022.3.25 顧問先様紹介

ベーカリーぱしおん様におじゃましました。

 

店内は焼き立てパンのいい香りです。色とりどりのスワッグもとても素敵です。

平日にもかかわらず、美味しいパンを求めてお客様は途絶えません。

ぱしおんさんのパンは、国産小麦・無添加生地を使用、どのパンもプニプニ、ふんわり柔らか、赤ちゃんのほっぺのようです。

大人気!ボトルケーキ、期間限定です。お早めに(*^-^*)

ベーカリーぱしおん       

505-0052 岐阜県美濃加茂市加茂野町今泉402

営業時間:10時~1730分(売り切れ次第閉店となります)

定休日:日曜日、月曜日

Instagram https://www.instagram.com/pasion_ssek/


2022.2.15 おつまみ定期便

おつまみ定期便nohacoをご存じでしょうか。

お好きなお酒からおつまみをセレクトし届けてくれるサービスです。

創業1918年の老舗おつまみ専門店平光商店さん監修で、株式会社Clapさんとタッグを組んで始まったサービスです。

いつもと違うおつまみとの出会いがあるかもしれません。

コロナ禍で家飲みが増えている皆さんにいかがでしょうか。


nohacoはこちら  https://nohaco.jp/

株式会社平光商店インスタグラムはこちら https://www.instagram.com/hiramitushouten/ 

2022.1.24 明けましておめでとうございます

新年のご挨拶申し上げます。

小原会計事務所 所長の小原です。

 

 

日本経済におきましてはオミクロン株の動向、物価高、半導体等の部品調達難といった不安要素はありますがこれらをくぐり抜けることが出来れば日本経済は改善していくと思われます。

オミクロン株につきましては一時的に感染者が急増しますがいずれは終息に向かう事でしょう。

奈良大学の鈴木則子教授の「感染症流行が繰り返された江戸時代人々は何を考えどう生き抜いたのか」という記事を読ませて頂きました。

その記事の中で江戸時代にコレラが流行したわけですが人々は気持ちが活気づくと疫病は後退し、人々の気持ちが停滞すると疫病がまん延していたそうです。人々は気を活気づける為に毎晩大掛かりなお祭りを行ったそうです。

 

気がいかに大切かと言う事です。

 

年初の株高、年末年始の人々の動きを見ますと気の流れが昨年とは違う感じがします。

 

皆様におかれましても気の流れを大切にして明るく前向きに今年一年を過ごして頂きたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。